人工関節とは?

●どんな手術?  ●人工膝関節手術(TKA)  ●人工股関節手術(THA)

 

どんな手術?

関節の傷んでいる部分を取り除いて、金属、セラミック、ポリエチレンなどから作られた人工関節に置き換える手術です。

横幅不定の画像

人工膝関節の例

横幅不定の画像

人工股関節の例

横幅不定の画像

対象になるのはどんな人?

対象疾患には、変形性関節症関節リウマチ骨壊死症などがあります。関節の痛みや動きの悪さのために日常生活の動作が障害されている方で、手術以外の治療法(体重のコントロール、筋力強化訓練、内服薬、装具など)を行っても症状が十分に軽減しない場合に、人工関節手術を検討することになります。

人工関節の耐久年数は患者様の状態にもよりますが、およそ10年から20年と言われており、そのため耐久年数を過ぎた人工関節はとり換える必要があります。そのため人工関節置換術は、従来60歳以上の方を主な対象とした手術法とされてきました。しかし最近では、比較的若い世代の方であっても、より快適で質の高い生活を再獲得するために、人工関節手術を選択される方が増えてきています。

その効果は?

人工関節では、関節の傷んだ部分をすべて取り除くため、「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。そのほか、変形や痛みのために制限されていた関節の可動性(動き)を取り戻すこと、他の関節への負担を軽くすること(痛みのある関節をかばうことで、他の関節にも悪影響を及ぼすことがあります)、活動性の増加により下肢の筋力がついてくること、などが期待される効果です。

 

小郡第一総合病院 人工関節センター長 藤井裕之