呼吸器内科

はじめに

平成29年に新設された呼吸器内科についてご紹介します。

呼吸器疾患による症状としては咳、痰、息切れ、喘鳴、胸痛等があります。呼吸器内科の対象疾患としては気管支炎、肺炎・胸膜炎といった感染性疾患、慢性閉塞性肺疾患や気管支喘息といった閉塞性肺疾患、間質性肺炎やサルコイドーシスといったびまん性肺疾患、肺癌や中皮腫といった腫瘍性疾患と多岐に渡っております。