整形外科

第五回アジア太平洋マイクロサージャリー学会

はじめに

当院は、山口県の中央部にある山口市にあります。新幹線の新山口駅から車で5分、山口宇部空港から車で30分、中国自動車道小郡インターから車で5分、山陽自動車道山口南インターから車で15分という交通の要衝に位置しているため、県内はもとより、県外からのアクセスも良好です。

当院の整形外科では、毎年1000例以上の手術症例があり、県中部の整形外科センターとしての役割を担っています。土井統括院長の方針で、常に科学者としての視点を持ち、医療の発展に貢献するために、臨床研究にも力を入れています。学会や論文でも積極的に情報を発信し、地方にありながらも全国トップレベルの医療を提供することができるようにと、日々研鑽を重ねています。

診療の概要

  • 土井統括院長・服部副院長を中心とした「手外科・再建外科」、藤井院長を中心とした「関節外科」、米村主任部長を中心とした「脊椎外科」、油形副部長を中心とした「肩関節」のそれぞれの分野で専門的な手術を行なっています。
  • 手術件数は、別表の通りです。一般的な外傷だけでなく、それぞれの専門的な手術が多いのが特徴です。
  • 土井統括院長の専門である「腕神経叢麻痺」をはじめとして「手外科」領域では、全国はおろか外国からの紹介患者様も珍しくありません。病棟の入院患者様からは、いろいろな「おくに言葉」を聞くことができます。
  • 人工関節(膝・股関節)を希望される患者様は県内の広い範囲から来院され、手術件数は増加を続けています。その他、靭帯や軟骨の先進的な手術を多数行なっています。
  • 脊椎外科では、腰部脊柱管狭搾症や椎間板ヘルニアなどの手術が増加しています。電気生理学的診断法や内視鏡手術などの先進医療も手がけています。
  • 肩関節については、油形副部長が平成28年10月より常勤医として赴任し、積極的に治療を行っています。
  • 一般外傷、スポーツ障害・外傷、高齢者の外傷などに対しても理想を高く持ち、最新知識の十分な収集と治療方針の真剣な討論を行うことにより、質の高い医療の提供を目指しています。骨粗鬆症外来や転倒予防教室、骨粗鬆症栄養指導といった骨折予防に対する啓蒙活動も継続的に行っています。

手術の詳細

当院で可能な最小侵襲手術

注)病状により、最小侵襲手術が適応にならないことがあります。

 

  • 手根管症候群

    関節鏡を利用した皮切の小さな手術

  • 肘部管症候群

    関節鏡を使用した局所麻酔での手術

  • 人工股関節置換術

    7~10センチの皮切(従来は15~20センチ)

  • 脊椎内視鏡手術

    2センチの切開で筋肉へのダメージが少ない手術 

手術あれこれ

 

  • 前十字靭帯再建手術

    関節鏡を併用して小さな皮切での再建術を行っています。2本の腱を用いて、前方不安定性だけでなく、回旋不安定性に対しても制動能力が高い、Two-route法による再建術を導入しています。
    入院期間は2-3週間。スポーツ復帰は8-10ヵ月が目安です。

  • 人工膝関節置換術

    より力強くスムーズで長期耐用性の良い人工関節を目指して、Gap-balancing techniqueという方法を用いて手術を行なっています。
    皮切は11-14㎝、入院期間は約4週間が目安です。

  • 人工股関節置換術

    症例によって、後側方から手術と前方からの手術を使いわけています。いずれも10㎝以下の小皮切での手術が可能です。
    入院期間は約3週間が目安です。

  • 足関節骨折

    手術による強固な固定と、ギプス靴による早期荷重歩行を行っています。手術から1週間以内に体重をかけることができるため、筋肉の萎縮を最小限にできます。通常、手術後3週間程度で、自力歩行による退院が可能です。

  • アキレス腱断裂手術

    アキレス腱ブーツを利用した、早期荷重訓練を行っています。約3週間で松葉杖なしで歩行できます。
    松葉杖を使わないことで、家事や事務系職への復帰は容易となります。

  • 大腿骨頸部骨折

    後期高齢者以降に多い骨折です。手術から数日以内に歩行訓練を開始して、筋力低下を予防し、歩行能力の早期再獲得を目指しています。

 

研修

当院は、海外からの研修医師も、積極的に受け入れています。発展途上国の将来有望な医師たちにも、研修のチャンスを与えたい、という土井統括院長の意向から、主にアジア、中東、南米諸国からの研修医師が多くなっています。現在は、スペイン出身のマリアン医師とインド出身のアシシュ医師が当院で研修を行っており、今年はさらにクエート人医師2名が1年間の研修に来る予定です。日々日本語と英語が混じりあい、エキゾチックな雰囲気をかもしだしています。
その他、国内においても大学病院や主要病院から、多くの医師が研修や手術見学に訪れています。いずれも30代の新進気鋭の医師で、スタッフのメンバーとして活躍しています。国内外からの研修医師と学術的・人間的交流を深めることは、病院スタッフにとって、新しい知見や情報の交換ができるだけでなく、より広い視野、より高い視点を持つための良い機会となっています。
地域との病診連携・病病連携・地域連携パスにも力を注いでいます。教育・研修という地域コミュニティセンターとしてその重責も担っています。スタッフは診療技術の研鑽と共に論理構築力・コミュニケーション能力のトレーニングのため、院内カンファレンス、学会活動に力を入れています。

(藤井裕之)

 

手外科・マイクロサージャリー

当院整形外科の特色の一つである手外科・マイクロサージャリーは、県内はもとより国際的にも知名度があり、この分野の世界的権威である土井一輝統括院長と服部泰典副院長、坂本相哲整形外科部長が担当しています。切断指再接合術を含め、四肢の重度外傷は県内全域と島根県・広島県からも患者が搬送され西中国地方の四肢外傷センターとしての役割を担っています。 

また、年間約40例のマイクロサージャリーを用いた再建術(遊離皮弁、血管柄付き骨移植、筋肉移植術など)を行っており、その成功率は95%以上と他の施設と比べてはるかに良好な成績を誇っています。上肢の最も重篤な神経損傷である腕神経叢損傷の機能再建に関しては、土井一輝統括院長が国際的にも高い評価を受けており、筋肉移植術・神経移行術などのマイクロサージャリーの技術を駆使した手術を行っています。関東地方や東北地方など全国各地から患者が紹介され、日本の腕神経叢損傷の治療の中心的役割を果たしています。また、最近は手足のリンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術も行っています。
このようなマイクロサージャリーの専門的な手術の他にも、一般的な手の疾患・外傷の手術(手根管症候群、肘部管症候群、バネ指、橈骨遠位端骨折、槌指、デユプイトレン拘縮など)も積極的に行っています。

(服部泰典)

 

専門分野(関節外科・手外科)でのステップアップを目指す整形外科医募集

山口市内の整形外科特化型総合病院で、スキルアップを目指しませんか?

当院では、学会・研究活動も積極的に支援しています。手術件数は1,200件/年(マイクロサージャーリー手術多数、手外科手術300件以上、人工関節手術200件以上、脊椎手術100件以上)国内外の第一線で活躍する指導医達が熱心に指導いたします。電子カルテ、診療補助員多数、最新手術室完備で、仕事に集中できる環境です。

 

雇用条件

 年齢:45歳以下(それ以上でも応談)

 年収:~2,200万円(卒後5年目例:1,100~1,400万円 諸手当を含む)

 

 

診察日程 休 診専門外来 各科教室

リンク

お問い合わせは、整形外科までお願いします。
TEL:083-972-0333 FAX:083-973-4909
月〜金 8:30~17:00
「土、日、祝日、8/15(創立記念日)、12/30~1/3(年末年始)を除く」

他の医療機関からの紹介状をお持ちの方の予約
TEL:083-976-0201 地域医療福祉連携室
月〜金 8:30~17:00
「土、日、祝日、8/15(創立記念日)、12/30~1/3(年末年始)を除く」

再診の予約・診察予約のキャンセル・変更
整形外科耳鼻咽喉科・泌尿器科の初診(紹介状なし)

TEL:083-976-0212 予約受付係
月〜金 9:00~16:00
「土、日、祝日、8/15(創立記念日)、12/30~1/3(年末年始)を除く」